記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方BIG野球リプレイ】いざ、初陣!(公式戦1戦目)

3月29日 公式戦初戦 甲子園 VSWhiterochen Baseball Club Dragons

スターティングメンバー
7はたて
6てゐ
8射命丸
3小傘
5衣玖
2神奈子
Dお空
4椛
9小兎姫
P天子

この度幻想郷リーグに新規参入したこりゆの監督率いる「茨城ミラクルズ」
開幕戦が雨天中止になるハプニングもあったが、翌日は快晴。
野球の聖地、阪神甲子園球場での公式戦初戦が行われた。

先発はエースに指名した天子。しかし初回、ヒットと四球で一死1,2塁のピンチを作ると、相手の4、5番コンビ依姫、お空に連続タイムリーを浴び早々と2点を先制される。
この後の6番慧音にも甘い球をライト前に運ばれる。しかしここはライト、強肩の小兎姫が抑止力となり、なんとかランナーを三塁でストップさせる。二死満塁のピンチだったが次のバッターを抑え、初回の猛攻を2失点に止めた。
その裏、先頭のはたてがヒットで出塁すると、2番てゐが手堅く送りバント。この後二死になるも得点圏にランナーを置いて4番の小傘。相手先発、菫子の投じた甘い球を逃さず、ライトスタンドへ第1号同点2ランを叩きこみ、試合を振りだしに戻す。
ゲームが動いたのは3回裏、連続四死球で無死1,2塁のチャンスを掴むと、てゐがこの日2つめの送りバントをきっちりと決めてチャンス拡大。期待のかかる3番射命丸が見事にその期待に応える走者一掃のスリーベースを放ち、この試合初めてリードを奪う。
その後、打線が奮起、5回までに9得点を上げる猛攻で9-3と6点リード、試合はこちらのもの、かに思われた。
6回、初回以降落ち着いていた先発天子が突如乱れる。先頭の依姫にホームランを打たれると、後続に連続四球。見かねた監督はピッチャー交代、二番手八橋にバトンを渡す。八橋は先頭にこそ四球を与えるも、次の打者を併殺打。順調にアウトカウントを二つにして、その次の打者も打ち取る。しかし、なんとここでファースト小傘がエラー。この回3点目が入り9-6と点差は3点に縮まってしまった。八橋は気持ちを切らさず後続を打ち取ったが、試合の流れは相手にある状態。ここからは終盤の中継ぎ勝負となる。
7回、茨城は勝利の方程式の一角、さとりを投入。二死から一本ヒットを浴びるも後続を断ちナイスリリーフ。8回は左腕のリリーフエースリリカがマウンドへ、ここは持ち前の安定感で三者凡退。7,8回を無失点に抑え、流れを断ち切った。
9回は絶対的守護神、早苗が登板。危なげないピッチングでパーフェクトリリーフ。公式戦初勝利となる試合を締めくくった。

試合結果 茨城9-6WBC
勝ち   天子 1勝
セーブ  早苗 1S
本塁打 小傘1号2ラン(1回)
継投 天子→八橋→さとり→リリカ→早苗

試合後のコメント:
「開幕戦、勝利! いやぁ、良かった。なんとか勝てたね。打線は繋がったし、終盤以降は守り勝った。ウチの目指す野球が出来たかな」 

――5回6失点の先発天子について
「初回以降落ち着いたと思ったんだけどね、点差が開いて落ち着きすぎちゃったのかな? 彼女はエースですから、次の試合では修正してくれると思いますよ」

――11安打9得点の打線について
「バントをきっちり決めて、四球をしっかり選んで、できることをしっかりできたから9得点に繋がったと思う。ちゃんと線になってたね」

――リリーフ陣について
「八橋、さとり、リリカ、早苗。みんなよくやった。リリーフ陣は無失点だからねぇ。中継ぎのみんなが居ないと勝てないチームだから、これからも頑張ってもらうよ」

――総括
「今日はチーム全員の勝利。この勢いに乗って、リーグを盛り上げて行きたいね」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。