記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方BIG野球リプレイ】いまやかの三つの塁に人満ちて(公式戦2戦目)

3月30日 公式戦2戦目 幻想郷スタジアム VSレイブン・レッドスターズ

スターティングメンバー
7はたて
6てゐ
8射命丸
9小傘
5衣玖
2神奈子
3お空
4椛
1華扇

開幕戦を勝利で飾り、このまま勢いに乗っていきたいミラクルズは、藤井寺球場、もとい幻想郷スタジアムでの公式戦第2戦目を迎えた。
この日の対戦相手はレイブン・レッドスターズ。余談だが、このブログ主はパワプロでサクセス選手を集めた自チーム名をレッドスターズにしているため、シンパシーを感じずにはいられなかった。

茨城の先発は左のエース華扇。安定したピッチングを期待したい。
試合が動いたのは2回表、相手の5番妹紅に先制ソロを被弾。甘い球を確実に仕留める妹紅には、今後の試合でも苦労することになるのだが、それはまた別の話。
2試合連続で先制されたが、すぐ取り返すのがこのチームの強み。2回裏、先頭の小傘がヒットで出塁すると、続く衣玖、神奈子の鈍足コンビがまさかの連続内野安打で無死満塁のチャンスを作る。一発のある7番打者、お空に期待がかかるも凡退。一死となり8番椛、次が投手の打順であるため、ここは絶対に点を取りたい場面、プレッシャーもあったが椛は勝負強さを発揮。ライト前へタイムリーを放ちまずは同点。続く華扇が倒れるも、二死満塁で打順は攻撃的1番バッターはたて。点を取るには打つしかない場面で、見事ライト前へ2点タイムリーヒットを放ち、点をとられたすぐ後の回で逆転に成功。試合の流れをこちらのものにする。
続く3回裏、先頭の射命丸がツーベースで出塁すると、一死から衣玖、神奈子が連続四球で再び満塁のチャンスを掴む。打順は先ほど満塁で悔しい凡退をしたお空、この打席は何がなんでもものにしようとする闘志がバットに乗り移った。甘く入った球を持ち前のパワーで振り抜き、打球はレフトスタンドへ。第1号満塁ホームランが飛び出し、スコアを7-1とする。
その後1点を追加した茨城は6回裏、ヒットと四球で三度満塁のチャンスが訪れる。バッターはここまで2安打の椛。好調のバッターには不思議と甘い球が集まる。この打席も甘い球を呼び込み、それを確実に仕留め、走者一掃のタイムリースリーベース。これでスコアを11-1として試合を決めた。
投げては華扇が9回2失点完投。開幕戦の勢いそのままに、二試合連続の二桁安打で勝利した。

試合結果 茨城12-2レイブン
勝ち    華扇 1勝
本塁打 空1号満塁(3回) 神奈子1号ソロ(9回)
継投 華扇

試合後のコメント:
「勝ったー! やったね。ナイスゲーム!」

――打線爆発について
「満塁が3回もあって、その全てで3点以上取れた。みんな粘り強く、勝負強いバッティングができている。点が入ると気持ちいいね、満塁になる度にワクワクしたよ。『いまやかの三つの塁に人満ちてそゞろに胸のうちさわぐかな』だね」

――活躍した下位打線について
「それと、今日は下位打線だね、6,7,8番。神奈子は全打席出塁で、お空は満塁弾、椛も猛打賞に4打点でしょ? そういうところが元気だと、点数もたくさん入るね」

――先発完投勝利の華扇について
「調子が良かったねぇ。点差もあったし、昨日は中継ぎをいっぱい使っちゃったから、いけるとこまで行かせようと思っていたら最後まで投げていた。文句なしです。ナイスピッチでした」

――総括
「開幕二連勝! 打線の調子もいいし、この勢いに乗って、いけるとこまで突っ走っていきます」



※いまやかの三つの塁に人満ちてそゞろに胸のうちさわぐかな
野球好きで知られる正岡子規の一句。満塁のチャンスだ。テンション上がってきたぜ。という意味。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。