記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方BIG野球リプレイ】開幕ダッシュ!(公式戦3戦目)

4月1日(火) 公式戦3戦目 ナゴヤドーム VS天地人

スターティングメンバー
7はたて
6てゐ
8射命丸
9小傘
5衣玖
3神奈子
Dお空
4椛
2レティ
P霊夢

開幕2連勝。この勢いを本物にするべく迎えた3戦目の対戦相手は、幻想郷リーグ屈指の強豪として名高い天地人。この強敵相手に、はたしてミラクルズの勢いは通用するのか。

先発は霊夢。6連戦の週初め、良い流れを呼び込む投球を期待されてのマウンドだ。
試合は1回裏、いきなり動いた。茨城は二死から3番射命丸がツーベースで出塁すると、続く4番小傘が、相手先発朝倉理香子の甘い球を逃さず捉え、先制の2ランホームランを放つ。
2-0のまま4回裏、アクシデント発生。打者走者の椛が内野ゴロで一塁を駆け抜けた際に全治10日間の負傷。ここまで打率5割、チームトップの5打点を挙げていた頼れる8番打者の離脱は、今後の戦いにおいて大きな痛手となってしまう。
その後1点を加え、スコアを3-0として迎えた6回表。ランナー一人を置いてバッターはチャンスにめっぽう強い4番フランドール。ここまで好投の茨城先発霊夢は慎重にボールになる球で攻めるも、これがフランにとっては絶好球。完璧に捉えられ打球はレフトスタンドに飛び込む2ランホームラン。点差は瞬く間に1点となった。
7回表、6回2失点と好投した霊夢から勝利の方程式の一角、さとりへと投手リレー、さとりは期待に応え三者凡退に抑える。このさとりの好投が良い流れを呼び込んだのか、その裏、2死からてゐが出塁するとすかさず盗塁。チャンスを作ると続く射命丸のセンター前でてゐがホームを狙う、際どいタイミングだったが判定はセーフ。貴重な追加点を終盤にもぎ取り、スコアを4-2とする。
こうなると9回は絶対的守護神、早苗が登板。しかし、ここからが本当の勝負の始まりだった。
早苗は先頭の布都に難しい球をうまくライト前へ運ばれ、出塁を許してしまう。気を取り直して続くバッターにとりには打ち取ったあたりのサードゴロを打たせるも、ここでサード、名手の衣玖がまさかのエラー。同点のランナーの出塁を許し、無死1,2塁とピンチが広がってしまう。暗雲が立ち込める中、続く夢月にも甘く入った球を痛打されるが、ここでセンター射命丸の好守が飛び出し1アウトをもぎ取る。一死1,2塁となり、ここで迎えるバッターは天地人が誇る「代打の神様」諏訪子。打率5割5分を超えるバッターに対し、早苗のボールはまたしても甘く入ってしまう。それを逃すはずもなくレフト前へクリーンヒット、一死満塁の大ピンチ。こうなると止まらないのが天地人打線、続くバッター美鈴に代わる代打ルーミアが、難しい球をライト前へ運ぶ。これでスコアは4-3の1点差、なおも一死満塁、打順は好打者神子、咲夜へと続いていく、早苗踏ん張れるか。
内外野前進守備を取り、1点も与えない姿勢を見せる茨城、この守備シフトに早苗も気合いが入ったのか、神子をショートゴロに打ち取り、いよいよツーアウト。あとひとり。打席には打率4割を超えている2番、咲夜。ここを食い止めて勝利をもぎ取りたい。
「これで終わり」と気持ちを込めて投げた早苗のベストピッチ、しかし相手が何枚も上手だった。ベストピッチなど通用せず、咲夜が捉えた打球はライト前へ抜けていく、同点のタイムリーヒット。土壇場で守護神がまさかの炎上。試合は9回表にして振り出しに戻された。
だが、早苗は死んでいなかった。続く3番依姫をセカンドゴロに打ち取り、なんとか逆転まではさせなかった。スコアはまだ4-4の同点だ。裏の攻撃でサヨナラへ、ナインが気合いを入れ直す。
が、9回裏はあっさりと3者凡退に打ち取られ、試合は延長戦までもつれ込む。
10回表、フラン、布都と左打者が続く場面で、マウンドには左キラー、九十九八橋を送り込む。八橋は期待に応え左打者二人を打ち取り2アウト、続く打者は右の代打慧音、こうなると今度は右キラー、九十九弁々の出番だ。弁々も期待に応え右打者を打ち取り、10回表は九十九姉妹の好投で0に抑える。
この好投に、野手が応えた。10回裏、この回からマウンドに上がったサリエルから、先頭の3番射命丸がツーベースで出塁、続く小傘は歩かされ、無死1,2塁。ここで5番バッター衣玖に代えて代打青娥。100%送りバントを警戒される中、しっかりとバントを決め、チャンス拡大。6番神奈子は敬遠で一死満塁の大チャンス、迎えるバッターは一発長打がある7番打者空。犠牲フライでも、ボテボテ内野ゴロでも、とにかくバットに当てれば何かが起こる場面。相手ピッチャーサリエルの投じたベストピッチを、空は持ち前のパワーで無理やりセンターまで持っていく。前進守備のセンター神子がフライを掴む、かなり浅いが、サードランナーは俊足の射命丸。迷わずホームへと突っ込んだ。
スタジアムが一瞬静寂に包まれる中、主審は両手を左右に大きく広げる。
強敵相手に、大きな大きなサヨナラ勝利をもぎ取った。

試合結果 茨城5×-4天地人
勝ち    弁々 1勝
本塁打  小傘2号2ラン(1回)
継投 霊夢→さとり→リリカ→早苗→八橋→弁々

試合後のコメント:
「うぉぉ……なんだかすごい試合をしてしまったぞ……」

――サヨナラ勝利!
「うん。勝ったんだよね? ……すげー! いやっふぇーい!(はしゃぐ)」

――サヨナラ打の空について
「抱きしめたい。よくセンターまで運んでくれた。大変嬉しいです」

――サヨナラのホームを踏んだ射命丸の好走塁について
「今日は積極策が実ったね。最後の文はもちろん、7回の追加点もてゐの積極走塁が実った。どっちも無ければ負けていた。素晴らしい。ナイス走塁でした」

――その射命丸が4安打
「え、本当? いろいろありすぎて忘れてた。褒めなきゃ、よくやった! ありがとう!」

――セーブ失敗の守護神早苗について
「あ、そうだよ。早苗さん、落ち込んでると思うから慰めてきます。お疲れ様でした!」

――劇的勝利で開幕三連勝、この勢いは本物か……それとも……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。